肌と向き合い、にきびを徹底的に抑えていく方法

中学生から私とにきびとの戦いは始まりました。やはり思春期が一番ひどく、悩んで悩んでお金も時間もかけていましたがあまり良くならず。現在30代ですがまだまだできるのです、にきび。もう吹き出物といって良い年頃だとは思いますが、さすがに数は少なくなってきたとはいえ、逆にしつこく残るようになってきたなという印象。

 

私が今のところたどり着いたのは、とにかく体調管理をして肌に向き合う事。特に生理前は一番気を付けないといけない時期ですので、ここでケアを失敗すると1週間ほど同じニキビに延々困らされることになりかねません。特に一番できる部分のあごと額は実は角質が結構たまりやすい部分だと感じています。逆にいうと結構がっつり角質オフしても乾燥したりするダメージが少ない部分なんですね。

 

余分な角質が毛穴のつまりを引き起こし、結果にきびに繋がると感じていますので、私はにきびができやすい生理前を狙って、特にあご・額を集中的に角質オフしておきます。方法としてはやはりピーリング系化粧水でふき取りをしたり角質オフ用の洗顔パフなどで優しくこすったりです。そして普段よりさっぱり目の化粧水で引締めをして完了。

 

これをしておくだけで生理前や生理中に頻発するにきびを最小限に食い止める事が出来ています。後はやっぱり睡眠と食事。生理中はこの二つは特に意識します。いつもより1時間は早めに寝るだけでなんとなく効果があるような。食事はもちろん油ものを控えて野菜など多めに取るようにしています。

オールインワン化粧品を使ってみた結果

子供が産まれてから自分にかける時間が勿体無くてスキンケアが疎かになっていました。化粧水は塗るけれども乳液や美容液は塗っていませんでした。25歳を過ぎて肌の張りが無くなってきたので基礎化粧品をしっかりしようと思いましたが、やはり面倒だったのでオールインワン化粧品を使ってみました。

 

気軽に初められる価格の安いちふれのオールインワンジェルにしてみました。何よりも簡単で場所も取りませんし、順番も気にせずただ塗るだけなので面倒くさがり屋の私には便利で合っていました。洗顔後に塗るだけなので化粧水を塗っている時と変わらないので続けることが出来ました。

 

元々、化粧水しか塗っていなかったので肌の変化はすぐに分かりました。乾燥肌が改善されて肌の色もワントーン明るくなりましたし、価格もひとつになっているので基礎化粧品を揃えると考えると安いです。

 

ジェルなので付け心地もクリームに比べるとサラッとしていて伸びも良かったです。私は普段は化粧水のみなので保湿に関して十分で、おまけに朝の忙しい時間にも簡単にケアできるので助かります。
参考元:オールインワン化粧品ランキング|口コミやおすすめがすぐ分かるサイト

 

上記サイトを見てると他にも色々なメーカーから出ているようなので試してみたいと思います。ちふれは比較的安く購入できるオールインワン化粧品なので、他のメーカーで価格が上がることによりどのような効果が追加されるのか興味があります。